本サイトは一部プロモーションが含まれます.

《ネットビジネス用語集》電子商取引(eコマース)

ウェブサイト

電子商取引(EC)とは

電子商取引(EC)とは、インターネットなどの通信ネットワークを通じて商品やサービスの売買を行う取引形態です。英語では Electronic Commerce と呼ばれ、略称として EC が広く使われています。

従来の店舗販売と比較して、以下の特徴があります。

  • 時間と場所の制約がない
  • 情報収集が容易
  • 価格比較がしやすい
  • 様々な商品やサービスを購入できる
  • 24時間365日営業

電子商取引の種類

電子商取引は、取引形態や流通形態などによって様々な種類に分類できます。

取引形態

  • BtoC(Business to Consumer)
    企業が消費者に対して商品やサービスを販売する形態です。インターネット通販やオンラインショッピングなどがこれに該当します。
  • BtoB(Business to Business)
    企業間で商品やサービスを売買する形態です。電子調達やサプライチェーンマネジメントなどがこれに該当します。
  • CtoC(Consumer to Consumer)
    消費者同士が商品やサービスを売買する形態です。フリマアプリやオークションサイトなどがこれに該当します。

流通形態

  • 直販型:企業が自社で販売サイトを運営し、商品を販売する形態
  • モール型:複数の企業が出店するショッピングモール型のサイト
  • マーケットプレイス型:商品を販売したい人と購入希望者が直接取引するプラットフォーム

電子商取引の市場規模

電子商取引の市場規模は、世界全体で年々拡大しており、2023年には約5兆円に達すると予想されています。

日本における電子商取引の市場規模

日本における電子商取引の市場規模は、2023年には約10兆円に達すると予想されています。近年は、スマートフォンやタブレットの普及により、モバイルコマースが急速に成長しています。

電子商取引の課題

電子商取引は、利便性が高い一方で、以下のような課題も存在します。

  • セキュリティ:通信ネットワークを利用するため、情報漏洩などのセキュリティリスクがあります。
  • 偽造品:偽造品が出回るリスクがあります。
  • 商品の返品・交換:商品の返品・交換が店舗販売よりも手間がかかります。
  • 顧客満足度:顧客と直接対面できないため、顧客満足度を維持することが難しい場合があります。

電子商取引の将来展望

電子商取引は、今後も世界規模で成長していくと予想されています。

  • AIやIoTなどの技術の発展:AIやIoTなどの技術の発展により、よりパーソナライズされた買い物を提供できるようになる可能性があります。
  • OMOの普及:OMO(Online Merges with Offline)と呼ばれる、オンラインとオフラインの融合が進むことで、より顧客にとって利便性の高い買い物環境が実現される可能性があります。

まとめ

電子商取引は、今後も成長していく可能性が高い市場です。

課題を克服し、利便性を向上させることで、より多くの人々に利用されるようになるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました