本サイトは一部プロモーションが含まれます.

《ネットビジネス用語集》インストリーム広告

ウェブサイト

インストリーム広告とは

インストリーム広告は、動画コンテンツの再生前、再生中、または再生後に挿入される動画広告です。テレビCMのように、動画コンテンツの視聴を中断して流れる広告形式です。

インストリーム広告の特徴

1. 高い視覚的訴求力

動画広告は、静止画のバナー広告と比べて視覚的訴求力が高く、商品の魅力をより効果的に伝えることができます。

2. ユーザーの興味関心に合わせた配信

年齢、性別、地域、検索履歴などの情報に基づいて、ターゲティング配信を行うことができます。

3. さまざまな動画フォーマットに対応

インストリーム広告には、さまざまなフォーマットがあります。

  • TrueView インストリーム広告: ユーザーが5秒後にスキップ可能な広告
  • バンパー広告: 6秒以内の短い広告
  • 非スキップ可能なインストリーム広告: ユーザーがスキップできない広告

4. 費用対効果の高い広告

インストリーム広告は、視聴回数やクリック数など、成果に応じて課金されるため、費用対効果の高い広告です。

インストリーム広告のメリット

  • 高いブランド認知度向上
    視覚的に訴求力が高く、ユーザーの記憶に残りやすい広告フォーマットです。
  • コンバージョン率の向上
    ユーザーの興味関心に合わせた配信を行うことで、コンバージョン率の向上に繋げることができます。
  • さまざまなマーケティング目標に対応
    認知度向上、コンバージョン促進、顧客エンゲージメント向上など、さまざまなマーケティング目標に活用できます。

インストリーム広告のデメリット

  • 制作コストが高い
    動画広告は、静止画のバナー広告と比べて制作コストが高くなります。
  • ユーザーにスキップされる可能性がある
    TrueView インストリーム広告の場合、ユーザーが5秒後にスキップする可能性があります。
  • すべての動画配信サービスで利用できるわけではない
    インストリーム広告は、すべての動画配信サービスで利用できるわけではありません。

インストリーム広告の活用事例

  • 新商品の認知度向上
    新商品の発売に合わせて、インストリーム広告で商品の特徴や魅力を訴求することで、認知度向上を図ることができます。
  • キャンペーンの告知
    キャンペーンの告知にインストリーム広告を活用することで、多くの人に情報を届けることができます。
  • 顧客エンゲージメントの向上
    エンターテイメント性の高いインストリーム広告でユーザーを楽しませることで、顧客エンゲージメントの向上に繋げることができます。

インストリーム広告の代表的な例

  • YouTube広告
    YouTube動画の再生前、再生中、または再生後に挿入される広告
  • TVer広告
    TVerで配信される動画コンテンツの再生前、再生中、または再生後に挿入される広告
  • ABEMA広告
    ABEMAで配信される動画コンテンツの再生前、再生中、または再生後に挿入される広告

インストリーム広告のまとめ

インストリーム広告は、高い視認性とブランド認知度向上というメリットがある一方で、費用が高い、ユーザー離脱などのデメリットもあります。

上記の情報参考に、インストリーム広告のメリットとデメリットを理解した上で、広告効果の測定を行いながら活用していくことが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました