本サイトは一部プロモーションが含まれます.

《ネットビジネス用語集》アウトストリーム広告

ウェブサイト

アウトストリーム広告とは

アウトストリーム広告は、動画コンテンツの「外側」で配信される動画広告で、記事やフィードに自然に溶け込む、新たな動画広告フォーマットです。

具体的には、記事中の関連記事枠やSNSフィード、アプリ内広告枠などに表示されます。
従来のインストリーム広告とは異なり、ユーザーが意図的に再生するのではなく、自然な形で目に触れる広告フォーマットです。

アウトストリーム広告の特徴

1. ユーザーの視線を自然に獲得

記事やフィードに溶け込むように表示されるため、ユーザーの視線を自然に獲得できます。

2. 広告スキップのストレスが少ない

ユーザーが意図的に再生していないため、広告スキップのストレスが少ないと言われています。

3. さまざまなプラットフォームで配信可能

Webサイト、アプリ、SNSなど、さまざまなプラットフォームで配信できます。

4. 費用対効果の高い広告

インストリーム広告と比べて、比較的低コストで配信できます。

アウトストリーム広告のメリット

  • 高いブランド認知度向上
    ユーザーの目に触れる機会が多いため、ブランド認知度向上に効果的です。
  • コンバージョン率の向上
    興味関心に合わせた広告配信により、コンバージョン率向上に繋げることができます。
  • リーチ数の拡大
    インストリーム広告ではリーチできない層にもアプローチできます。
  • 広告費用の抑制
    インストリーム広告と比べて、低コストで配信できます。

アウトストリーム広告のデメリット

  • クリック率が低い
    ユーザーが意図的に再生していないため、クリック率が低くなる可能性があります。
  • ブランドイメージの毀損
    広告内容によっては、ブランドイメージを毀損する可能性があります。
  • 効果測定が難しい
    インストリーム広告と比べて、効果測定が難しいと言われています。

アウトストリーム広告の活用事例

  • 新商品の認知度向上
    新商品の発売に合わせて、アウトストリーム広告で商品の特徴や魅力を訴求することで、認知度向上を図ることができます。
  • キャンペーンの告知
    キャンペーンの告知にアウトストリーム広告を活用することで、多くの人に情報を届けることができます。
  • 潜在顧客へのアプローチ
    まだ自社の商品やサービスを知らない潜在顧客へのアプローチに効果的です。

アウトストリーム広告のまとめ

アウトストリーム広告は、ユーザーの視線を自然に獲得し、ブランド認知度向上やコンバージョン率向上に効果的な広告フォーマットです。

しかし、クリック率が低いなどのデメリットもあるため、効果的に活用するためには、ターゲティングや広告クリエイティブの工夫が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました