本サイトは一部プロモーションが含まれます.

《ネットビジネス用語集》リターゲティング広告

ウェブサイト

リターゲティング広告とは

リターゲティング広告とは、過去に自社のウェブサイトやアプリを訪問したユーザーに、そのユーザーの興味関心に基づいて広告を配信するインターネット広告の一種です。

仕組み

リターゲティング広告は、ユーザーのブラウザにCookieと呼ばれる小さなデータファイルを保存することで配信されます。

ユーザーが自社のウェブサイトやアプリを訪問すると、Cookieにユーザーの訪問情報が保存されます。
その後、ユーザーが他のウェブサイトを閲覧している際に、広告配信サーバーがCookieの情報に基づいて、自社の広告を配信します。

メリット

  • 興味関心が高いユーザーにアプローチできる
  • 広告効果が高い
  • 費用対効果が高い

デメリット

  • ユーザーによってはプライバシーの侵害と感じる場合がある
  • クリエイティブの制作に手間がかかる

代表的な広告

  • Google リマーケティング広告
  • Yahoo! リターゲティング広告
  • Facebook リターゲティング広告

リターゲティング広告を成功させるためのポイント

  • ターゲティングを適切に行う
  • 魅力的な広告クリエイティブを作成する
  • 効果測定を行い、改善を繰り返す

用途

  • 購買意欲の高いユーザーへのアプローチ
  • 既存顧客の再購入促進
  • キャンペーンの告知

その他

リターゲティング広告は、ユーザーの行動履歴に基づいて配信されるため、ユーザーにとって不快な広告にならないよう、注意する必要があります。

リターゲティング広告は、他の広告手法と組み合わせて利用することで、より効果的な広告効果が期待できます。

リターゲティング広告のまとめ

リターゲティング広告は、興味関心が高いユーザーにアプローチできる効果的な広告手法です。しかし、プライバシーへの配慮など、運用には注意が必要です。

リターゲティング広告を成功させるためには、ターゲティング、クリエイティブ、効果測定などをしっかりと行うことが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました